ラピュタ戦法最前線!

~対先手中飛車~

このページでは後手で、相手が中飛車にしてきた場合を考えよう。

参考図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=3  ▲5八飛  まで

参考図は初手▲5六歩の中飛車。
中飛車を目指す場合、自然な初手は▲7六歩と▲5六歩だが、初手によってラピュタ側の対応も変わるので項を分ける。

初手の時点で分岐している関係上、このページに基本図はない
それぞれの分岐にテーマ図を設定する予定だ。

初手▲5六歩の中飛車

初手からの指し手
▲5六歩 △5四歩 ▲5八飛
これでトップの参考図となる。
なお、△5四歩は必要な一手で、5筋の位をたもたないと三段玉に組みづらい。
▲5八飛に対し、平凡な△5二玉だと▲5五歩△同歩▲同飛△5三歩となり失敗。工夫が必要だが……。
△6二玉 (テーマ1図)

テーマ1図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=4  △6二玉  まで

△6二玉が▲5五歩△同歩▲同飛が王手になるのを避けた工夫で、△5三歩を打たずにす済むのでより安全に三段玉に組める。

初手▲7六歩の中飛車

初手からの指し手
▲7六歩 △5二玉 ▲5六歩 △5四歩
▲5八飛 △6四歩 (テーマ2図)

テーマ2図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v玉 ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=6  △6四歩  まで

▲7六歩には△5二玉が定跡化された一手。後手はここから、先手の居飛車・振り飛車に対応していく。
5筋の位をたもつのは初手▲5六歩の時と同じ。
中飛車に対しては、△5三玉型を目指すこともできるが、中飛車からの速攻を安全に受けるなら△6三玉型がオススメだ。
△6四歩はその△6三玉型を目指す第一歩。


トップへ戻る